新着情報

  1. トップ
  2. 広報・読み物
  3. 新着情報
  4. 市民公開健康講座「進行・再発がんに対するハイパーサーミア(温熱療法)と免疫療法」開催しました

市民公開健康講座「進行・再発がんに対するハイパーサーミア(温熱療法)と免疫療法」開催しました

2019/07/17 レポート たけだ診療所(免疫・遺伝子クリニック)

7月14日(日)に福井市地域交流プラザ(AOSSA)にて、武田病院グループ・大阪よみうり文化センターの共催、読売新聞大阪本社後援により、市民公開健康講座「進行・再発がんに対するハイパーサーミア(温熱療法)と免疫療法、特に樹状細胞WT-1ペプチドワクチン療法について」を開催し、多くの方々にご参加いただきました。

20190714fukui-1.jpg 
「ハイパーサーミアを含めたがん治療の現状」
医療法人財団康生会たけだ診療所 センター長 松山 竜三 氏

「がんの正体とは?そしてがんに対する免疫療法」
京都先端科学大学健康医療学部 教授
京都府立医科大学 客員教授 古倉 聡 氏

【特別講演】
「WT-1がんワクチン-がんの治療と予防-」
大阪大学名誉教授
大阪大学大学院医学系研究科特任教授 杉山 治夫 氏

特別講演をいただいた杉山治夫先生は、最近の注目されているWT-1ペプチドとは何か、そしてこれを用いたがんワクチン療法の特色についてご講演いただきました。
「治療法は急速に進んでいます。我々、研究者も努力しているので希望を持ち続けて欲しい」と会場の皆さんに語られました。
 
 

20190714fukui-2.jpg 
たけだ診療所では、今後も免疫療法をテーマとした市民公開講座を開催し、有用な情報を提供できるよう努めてまいります。