1. トップ
  2. > 外来受診される方
  3. > 診療科一覧(外来診療表)
  4. > 肝臓内科

肝臓内科

外来診療表

肝臓内科

午前 小畑 達郎
小畑 達郎 (第1のみ診察)
午後 小畑 達郎

休診・代診

予約外来

当院では待ち時間短縮の為、全診療科予約制を導入しております。
但し、予約をされていない方につきましても診察をさせて頂きます。(下記を除く)

  • ・・・初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • ・・・再診の方のみ電話予約を受付しております。
  • ・・・完全予約制となっております。初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • ・・・完全予約制となっております。再診の方のみ電話予約を受付しております。

予約受付

TEL:0774-25-2656
※予約は前日の下記時間までで、当日予約は受け付けていません。
※受付時間   月~金(9:00~15:00)/土(9:00~13:00)

基本方針

患者さんのご自分の健康問題に関して、ご自分で方針を決定してゆけるようサポートします(自己決定権の尊重)。そのために必要な専門的知識と情報を充分説明します。

肝臓内科の概要

肝臓病の診療は大きく変わりつつあります。大きな柱であり続けたのは、B型、C型の慢性肝炎―肝硬変―肝癌の一連の流れですが、C型肝炎については数年以内に、「ほとんど治る」時代に到達しつつあります。肝硬変になっていても、腹水や黄疸、意識障害(肝性脳症)がない「代償性肝硬変」の方は、内服薬だけでC型肝炎ウイルスを消すことができる可能性があります。お気軽にご相談ください。

B型肝炎の新薬も次々出現してきています。B型肝炎ウイルスを落ち着かせたあと、肝癌のリスクを低減して、内服薬終了してフォローする目途が立ちつつあります。

腹水が溜まる、あるいは意識障害(ぼーっとしたり、異常な行動をとったり =肝性脳症)という肝硬変の合併症に対しても近年新たなお薬が出現、または開発中です。

肝癌の内科治療も発展し、早期に診断し、対処すれば5年生存率が60%を越す時代に突入しています。局所治療法(ラジオ波焼灼療法やエタノール注入療法)、経カテーテル治療、肝切除(手術療法)から、放射線療法・更に肝移植まで、自施設ではできない場合は専門施設と連携して切れ目のない医療を提供してゆきます。

内臓脂肪が貯留するメタボリックシンドロームの肝臓での現れ、として近年NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)が激増しております。脱メタボは、患者さんと「とも頑張る」自分自身の課題でもあり、確立した治療法のないこの分野でも解決法を患者さんとともに解決法を探っていきたいと思います。

以上のように肝臓内科では新たな医学の進歩を取り入れつつ、ともに歩む肝臓病外来に取り組んでまいりますのでお気軽にご相談ください。