1. トップ
  2. > 診療科・部門紹介
  3. > 医師検索
  4. > 医師紹介

医師紹介

プロフィール

役職 院長(小児運動器・イリザロフセンター センター長)
医師名 金 郁喆    /    Wook Cheol Kim
診療科目 整形外科
専門・得意分野 小児整形外科、脚延長手術(イリザロフ法)
病院/施設名 宇治武田病院

医師からのメッセージ

診療方針(治療方針)について

小児運動器の疾患は手術療法より、予防や早期診断、早期からの保存療法が重要で、地域の検診制度と連携して早期発見、早期治療を目指します。
先天性疾患や外傷で手足の成長障害や機能障害をきたしているこども達にはやむなく手術が必要となることがありますが、その際には世界トップレベルの診療機器を用い、安定した成績が得られている治療法を提供します。
また、安全、安心の診療を基本とし、子供たちの治癒能力を促進できる治療法を行います。
私の得意とする専門分野は外傷、小児整形外科、四肢の脚延長・変形矯正(イリザロフ法)です。イリザロフ法による治療は上肢・下肢だけでなく、足趾・手指など含めれば300肢以上行っており安心していただけると思います。

患者さんとの関わり方について

少年野球や地域活動でこども達と長らく接してきました。こどもはとにかく可愛いです。
運動器の疾患をもったこどもの治療にあたってはいつも、自分のこどもだったらどうする?、と思って治療しています。疾患によっては日本小児整形外科学会の多くのエキスパートと懇意にしていただいており、喜んで全国各地の専門医に紹介することもできます。また、場合によっては手術にきていただくことも可能です。その子に最善をつくし、こどもさんの保護者の方々と連携して治療していけるような診療体制を目指しています。

略歴

1982年3月  信州大学医学部 卒業
1982年5月  京都府立医科大学付属病院研修医
1984年4月  近江八幡市民病院 医員
1986年4月  済生会吹田病院 医員
1987年10月  公立湖北総合病院 医長
1990年7月  アメリカ合衆国メイヨークリニック留学
1992年5月  京都府立医科大学 助手
1998年4月  京都府立医科大学 学内講師
2002年10月 京都府立医科大学 講師
2005年1月  京都府立医科大学 助教授
2013年7月  京都府立医科大学 小児整形外科教授
2017年2月  宇治武田病院 院長

所属学会・認定医

○日本整形外科学会:専門医 
○日本小児整形外科学会:理事 
○日本創外固定・骨延長学会:幹事 
○日本股関節学会
○中部日本整形災害学会:評議員
○日本骨折治療学会:評議員
○日本生体電気刺激研究会:幹事
○日本小児股関節研究会:幹事
○近畿小児整形外科懇話会:世話人