武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

  1. トップ
  2.   >  サービスのご紹介
  3.   >  介護・福祉サービス
  4.   >  在宅サービス

在宅サービス

短期入所(ショートステイ)

在宅の要介護者に老人短期入所施設や特別養護老人ホームに短期間入所していただき、入浴・排泄・食事などの介護、その他の日常生活上のお世話や機能訓練を提供させていただきます。
利用者が社会的な接点や人間関係を広げることにより、心身機能の維持や生活の安定を図ります。また、家族の介護疲れを解消し、利用者が在宅での自立した生活を続けることができるよう、支援させていただきます。

通所介護・通所リハビリ(デイサービス・デイケア)

通所介護では、要介護者がデイサービス事業を行う施設またはデイサービスセンターに通い、入浴・排泄・食事などの介護、生活などについての相談・助言、健康状態の確認、その他の必要な日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービスです通所介護では利用者の社会的孤立感の解消や心身機能の維持・向上を図ると同時に、介護者である家族の心身的な負担の軽減を目指し、利用者の自立した在宅生活を支援させていただきます。
通所リハビリテーションとは、病状が安定期にある要介護者が介護老人保健施設や病院・診療所に通い、理学療法・作業療法、その他必要なリハビリテーションを受けるサービスです。
急性期のリハビリテーションを終え、維持期のリハビリテーションを必要としている要介護者が対象となります。具体的には、脳血管障害、パーキンソン病、リウマチなどの身体機能に障害のある人、認知症で異常行動があったり、理解力や判断力が低下している人、嚥下障害など口腔機能が低下している人、言語障害などで対人的コミュニケーションに問題のある人、日常生活の維持・回復を図りたい人、低栄養状態により体力の低下をきたしている人などが考えられます。

訪問看護

訪問看護ステーションはかかりつけ医師の指示を受け、看護師が患者様の居宅を訪問して療養上、必要となるお世話や点滴といった処置など診療の補助を行う訪問診療を支える縁の下の力もち的な役割を担っています。訪問看護ステーションでは、専門技術に優れたベテランの看護師がご家庭を訪問し、主に在宅療養の指導、医師の指示に基づく医療処置、リハビリテーションや介護相談などに応じています。また、利用者が安心して療養できるようステーションでは24時間の待機体制でご利用者またはご家族からの連絡や相談にも対応。小児看護やターミナル期(終末期)看護にも力を入れております。

訪問介護

訪問介護(ホームヘルプサービス)とは、要介護または要支援の認定を受けられた方が、居宅で介護を受けることのできるサービスです。介護福祉士やホームヘルパーがお宅までお伺いし、日常生活を送る上で基本となる食事や入浴、排泄はもとより、通院や買い物などの外出の付き添いや洗濯などケアプランに基づいたサービスを提供することによって、『日々の生活を住み慣れた我が家で送りたい』という思いをサポートします。ご利用者およびご家族からの連絡や相談を受けられる体制を整えるなど、介護者やお年寄りが負担なく、安心して在宅での療養や介護を受けていただけるように配慮しています。

訪問リハビリ

一人ひとりの思いに寄り添って、できることが増える喜びをともに分かち合い『その人らしく生きる』ことを支えていく。

訪問リハビリテーションでは日常生活の課題や不安の解決、自宅から社会参加への支援、ご家族の介助指導・相談などをご自宅に伺い、機能訓練・日常生活動作訓練・屋外の実践訓練などを実施します。

居宅介護支援事業所/居宅介護支援センター

介護を必要とされる方が自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が、心身の状況や生活環境、本人・家族の希望などにそって、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、さまざまな介護サービスの連絡・調整等を行ないます。

複合型サービス

65歳以上で、身体上または精神上の障害があるために日常生活を営むのに支障がある方に対して、自宅において、またはこのサービスの拠点へ通い、もしくは短期間宿泊または訪問介護をおこなう小規模多機能居宅介護あわせてに訪問看護のサービスを提供するサービスを複合型サービスといいます。複合型サービスには専属のケアマネジャーが在籍し、居宅介護支援の業務もおこないます。
介護保険上では地域密着型サービスに該当し、保険者は市町村となります。

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.