武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

  1. トップ
  2.   >  広報・読み物

武田病院の新着情報

2017.02.08 地域医療連携CAD学術講演会2017を開催しました

地域医療連携CAD学術講演会2017
武田病院医療者と開業医の先生が心疾患治療の今を研修

循環器疾患の多くの治療実績を有している武田病院グループによる今年最初の「地域連携CAD学術講演会2017」(共催:下京西部医師会、康生会武田病院、Boston Scientific Japan、第一三共株式会社)が1月28日、京都市下京区の京都東急ホテルで開かれ、市内の開業医の先生や医療関係者ら53人が討議を重ねました。

講演に先立って康生会武田病院の内藤和世院長から、「武田病院グループでは循環器疾患の治療のため、優秀な医師と先進機器を導入して、実績や治療成績ともに誇っています。今後も開業医の先生との連携を深め、京都の中心地で循環器センターの充実を図ってまいります」と挨拶。康生会武田病院循環器センターが実施した症例提示として、『Promus PREMIER stent留置1年後にGuidelinerによりStent deformationをきたした1例』について山崎敬史専攻医が報告。山崎医師は、急性心筋梗塞で緊急入院された86歳女性が、ステント留置治療後に2度目のステント留置術を実施、バルーンの使用によって成功に結びつけた術法を画像で示しました。
内藤院長.jpg 山﨑専攻医.jpg

レクチャー1では、岡崎医院の岡崎仁志院長が座長を務められ、循環器センターの木下法之部長が、『CADの最近の話題』と題して講演。木下部長は冒頭、循環器内科医の役割が大きく広がり、動脈疾患、腎動脈、頚動脈を含めた動脈瘤を初め、静脈疾患も領域になっていることや、新しく緩和ケア領域にも関わっている実態を伝えました。 

 木下部長は、治療に際して血管の硬さを診ることの大切さを強調、特に、画像診断の進歩によってプラークが溜まって血管に負荷が掛かり、動脈疾患など様々な障害を招く状態について分析しました。また、冠動脈形成術(PCI)のステント留置で、血栓症発症率が高いことが問題になった第1世代と異なり、第2世代では慢性期の血栓症の発症率が改善された点も発表しました。 

また、第3世代など将来のステントについて、木下部長は「治療後1、2年の間は血栓症が発症する恐れがあるのですが、その点を克服する3年後にステントが溶けてしまうという夢のようなステントが開発されています」と、心房細動の患者に対する出血を防ぐ抗血小板薬などについても分析しました。
岡崎医院.jpg 木下部長.jpg

レクチャー2では座長として、くろやなぎ・いいだ医院の畔柳彰院長が担当され、不整脈治療センターの全栄和所長が、『カテーテルアブレーションの最近の動向』のタイトルで講演しました。全所長は初めに、1981年に直流通電を用いたカテーテルアブレーションの世界第一例目が報告されたが、当時は危険性が高かった治療法であった歴史を紹介。近年のアブレーション治療に際して全所長は、心房細動の病態を画像で示しながら治療する最先端の3次元マッピングシステムやCARTO3、マッピング2・1を導入していることを伝え、「カテーテルの位置情報が記録できる3次元マッピングシステムを用い、術者が左心房内でカテーテルをまんべんなく動かして病態の形を描くため、技術のレベルが他の医師にも判断できるようになりました」と、最先端アブレーション治療について詳しく分析しました。
畔柳院長.jpg 全先生.jpg

 会場の開業医の先生から、「エキシマレーザーの有用性について」「腎機能障害の患者さんへのアブレーションは」「ガイドラインから外れての治療の是非」など専門的な意見や質問が寄せられ、木下部長、全所長が丁寧に応えました。

前の記事 一覧を見る 次の記事

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.