武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

  1. トップ
  2.   >  広報・読み物

十条武田リハビリテーション病院の新着情報

2014.01.17 「第1回地域医療連携カンファレンス」のご案内

日時:平成26年2月15日(土)18:00~20:15
場所:リーガロイヤルホテル京都 2階「ル・ボア」
   〒600-8237 京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1番地
TEL:075-341-1121/FAX:075-341-3073

■プログラム
【製品情報】『ゼチーア情報提供』バ,イエル薬品株式会社
【カンファレンス主旨説明】西野 和義 先生 十条武田リハビリテーション病院 糖尿病センター 副院長・センター長
【開会の辞】若林 詔 先生 十条武田リハビリテーション病院 院長

■一般講演
【Session1】18:15-18:45
 座長:大森 浩二 先生 医療法人 大森医院 院長
 ◆『人工関節の実際』
  真多 俊博 先生 十条武田リハビリテーション病院 人工関節センター 副院長・センター長
 ◆『両下腿浮腫、点状紫斑を呈した高齢発症関節リウマチの一例』
  駒野 有希子 先生 十条武田リハビリテーション病院 リウマチセンター 医長

【Session2】18:45-19:15
 座長:小笠原 宏之 先生 医療法人三宝会 小笠原クリニック 院長
 ◆『治療コンプライアンス不良により近医通院と当院入退院を繰り返した若年発症2型糖尿病の一例』
  西野 和義 先生 十条武田リハビリテーション病院 糖尿病センター 副院長・センター長
 ◆『京都医療圏での在宅に向けて』~最新回復期リハビリ医療
  小川 美歌 先生 十条武田リハビリテーション病院 リハビリテーション科 副部長

■特別講演
 19:15-20:15
 座長:西野 和義 先生 十条武田リハビリテーション病院 糖尿病センター 副院長・センター長
 ◆『糖尿病における積極的資質管理の意義-AGEsを標的とした新しい考え方-』
  演者:山岸 昌一 先生 久留米大学医学部医学科 糖尿病性血管合併症病態・治療学 教授

【閉会の辞】山下 琢 先生 山下医院 院長

※講演会終了後、意見交換会をご用意しております。
※日本医師会生涯教育指定講座1.5単位が取得できます。
(カリキュラムコード:13地域医療、76糖尿病、78脳血管障害後遺症)

共催:下京西部医師会 下京東部医師会 バイエル薬品株式会社
後援:十条武田リハビリテーション病院

参加ご希望の場合は、以下のPDFをご確認の上、FAXでご連絡いただきますよう、ご協力お願い申し上げます。
第1回地域医療連携カンファレンス(159KB).pdf

十条武田リハビリテーション病院 地域医療連携室
FAX:075-671-2654

前の記事 一覧を見る 次の記事

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.