武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

  1. トップ
  2.   >  広報・読み物

ヴィラ鳳凰の新着情報

2019.03.08 【カフェの風景】 常設カフェの素敵な使い方

今日も常設カフェにおけるひとつのカタチが見られた一日。

 

カフェ風景5.jpg

西大久保学区福祉委員会の見学と研修。当センターにはじめて来られたという方も多く、とても興味を持っていただき、想像以上の熱量の中、質疑応答も盛んにおこなわれました。

 

・クリニックを受診するには紹介状や予約はいるのか?

・どの程度の段階で受診するのは一番いいのか?

・カフェの活用方法は?広報等はどのようにされていますか?どこに行けば情報が手に入りますか?

・ケアマネジャーは交代できないものなのか?どこに相談すればいいのか?

・特養やグループホームの利用料金について聞きたい。

 

などなど、尽きない質問に知りうる限りの対応をさせてもらいました。互いにとって学びや気づきの場となる、各種団体等の見学等。随時受け付けております。

 

 

カフェスペースに目を移すと・・・

カフェ風景6.jpg

 

月2回開催しているノックノックれもん。そこから生まれたアイデア「家で一人でご飯を食べても味気ないので何か作って一緒に食べませんか?鉄板焼きを借りてお好み焼き?最初は手軽に持ち寄る?」それを伊藤さん夫婦が具体的なイメージにされ、中宇治地域包括のセンター長さんなども巻き込んで、桝村はカフェの常連さんにお声掛け、とても温かい雰囲気で、またとてもいい香りの中、おいしいベーカリーランチタイム。

 

カフェ風景1.jpg

 

キッチンの中には、カフェスペースで過ごされている時とは全く違う表情と段取りの素早さを見せられる女性陣。男性陣は力仕事と味見役。ある認知症当事者の方の言葉が思い出されて「仕事(役割)やすることがあるなら喜んでいくよ」ということは今日のカフェで実践されていたように思います。

 

カフェ風景2.jpg

 

このように、食材等を持ち込んでいただくこと、あくまでも不特定多数の方への食事提供等でないことが条件にはなりますが、ホットプレートやIHコンロ、食器も含めてカフェのものをお使いいただくことは可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

カフェ風景7.jpg

前の記事 一覧を見る 次の記事

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.