スタッフインタビュー 現場で働く職員に聞きました!

プロフィール栄養士

タケダメディカルフーズサプライセンター
主任 白井 裕基(しらいひろき)
平成18年4月入社 11年目

「この仕事を目指したきっかけは?」

母が栄養士の家庭に育ち、食事を作ることや食べることが好きだったことを仕事に活かしたくて、栄養士を目指しました。

栄養士のスタッフインタビューを見る栄養士のスタッフインタビューをとじる

「あなたの仕事を教えてください」

私が働く施設ではクックチルシステムを導入しており、安心・安全・おいしい食事の提供をモットーに大量調理の可能性を最大限に引き出して日々おいしい食事を提供できるよう、献立作成や、調理技術の向上に全力を尽くしています。
また、お弁当の外部販売も行っております。
施設内では「弁当グランプリ」を行い、多くの弁当の中から見事入賞することができました。
お客様にも季節らしさを感じられる弁当を喜んでもらえてとてもうれしかったです。

「やり甲斐を感じる時はどんな時ですか?」

いろいろなライフステージの方の食事を一手に預かる

食べることで人は元気になる!という信念のもと、医療では食事療養や治療などに対する知識を深めて福祉では利用者さまの暮らしに合った食事の提供を目指しています。
大量調理には家庭の料理とは違い様々な制約があります。味付けの加減や野菜から出る水の量など料理ごとに千差万別です。それらをひとつひとつ分析してよりおいしく提供するシステムを作っていくことにとてもやり甲斐を感じます。

「後輩へのメッセージ」

武田病院グループでは、栄養士や調理師など様々な角度からの意見交換ができる環境が整っています。
今後も、多くの方々の栄養管理の助けになれるよう、努力していきたいと思います。

栄養士のスタッフインタビューをとじる

スタッフ構成(2018年10月1日 現在)

管理栄養士 6 名  
栄養士 20 名  
調理師 20 名  
調理補助 11 名  
洗浄スタッフ 33 名  
学生アルバイト 1 名 計91名