1. トップ
  2. > 当院について
  3. > 沿革

沿革

地域に密着した総合医療を目指します

十条武田リハビリテーション病院は昭和37年の開院以来、50年余の歴史を有し、長らく京都市南部の外科の急性期医療を行う基幹救急病院としての役割を果たしてきました。今日でもその活動に変わりはなく、月平均で70件前後の救急患者を迎えています。

2004年9月には回復期リハビリテーション病棟も始動。 2005年9月には365日リハビリテーションを開始し、よりきめ細やかに患者さんの機能回復をサポートできるようになりました。

病院の沿革

2001年 11月 医療法人大羽病院(大羽病院・第二大羽病院)を承継し運営を開始
2002年 2月 法人名変更 医療法人大羽病院→医療法人財団医道会
病院名変更 第二大羽病院→十条病院
4月 マルチスライスCT 導入
2003年 7月 更正医療(腎臓)機関指定
9月 血液透析センター運用開始(20床)・救急室移設
11月 既存棟(東館)3階改修工事完成 125床→153床(一般病床)
12月 既存棟(東館)2階改修工事完成 153床→182床(一般病床)
2004年 3月 増改築工事完了 リニューアルオープン
MRI(EXCELART VANTAGE)導入
心療内科標榜
4月 遠隔画像診断(テレパソロジーによる病理組織迅速顕微鏡検査)
6月 総合リハビリテーションA施設・特殊疾患入院施設管理加算(44床)
3B病棟 運用開始
8月 開放型病床(5床) 運用開始
9月 回復期リハビリテーション病棟(39床) 3階A病棟にて運用開始
10月 居宅介護支援事業所の開設
特殊MRI撮影
11月 II群入院基本料3→I群入院基本料3へ
2005年 9月 名称変更 十条リハビリテーション病院
2006年 8月 一般病床(80床)
回復期リハビリテーション病棟(60床)
特殊疾患入院施設管理加算(39床)
10月 皮膚科標榜
11月 ハイパーサーミア治療開始
2007年 4月 専門外来 消化器科 開始
5月 禁煙外来開始
8月 けい鼻内視鏡
9月 乳腺外来開始
10月 防火優良認定証
2008年 2月 医療機能評価Ver.5.0受審
4月 化学療法室運用開始
施設基準 回復期リハビリテーション1(2F病棟)
8月 施設基準 回復期リハビリテーション2(3FA病棟)
回復期増床 60床→99床
医療機能評価Ver.5.0認定
9月 ポータブルエコー装置導入
2009年 2月 十条、駅前、東山周り新規定期バス運行開始
4月 新病院長 若林詔 就任
レセプトオンライン請求開始
6月 東館空調設備入替
2010年 4月 休日リハビリテーション提供体制加算 施設基準取得
DI室 新設
6月 デジタルマンモグラフィ装置導入
9月 防火優良認定証~京都市南消防署~防火対象物点検報告特例認定
10月 奥村厚先生 副院長に昇任
11月 モニター診断開始
2013年 4月 名称変更 十条武田リハビリテーション病院
10月 回復期リハビリテーション病床増床 99床→100床
2014年 12月 電子カルテ導入
2015年 4月 井水設備導入
10月 十条たけだ保育園開設