1. トップ
  2. > 外来受診される方
  3. > 診療科一覧(外来診療表)
  4. > 鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアの手術について

鼠径ヘルニアに対してはメッシュ・プラグ法に代表される前方アプローチが一般的ですが、ここ数年、腹腔鏡を用いる手術を行う施設が出てきました。当科ではTAPP法(transabdominal pre-peritoneal repair)を行っています。

メッシュ・プラグ法

ポリプロピレンなどでできた網目の「プラグ」と「メッシュ」を用いる方法で、ヘルニア門にプラグを挿入し、その上からメッシュで被覆します。

イメージ図イメージ図イメージ図

TAPP法

お腹の3箇所の創からポートを入れ気腹しヘルニア門を腹腔内から観察、腹壁の一番内側の腹膜を切開し、大きな「メッシュ」を置くためのスペースを作ります。スペースができたらメッシュを留置し固定。最後にメッシュと腸管などの癒着防止のため切開した腹膜を縫合します。

イメージ図イメージ図イメージ図

長所

  • ・創は5-12mmと小さく、メッシュ・プラグ法と比較して術後の痛みが少ない。
  • ・鼠径ヘルニアのヘルニア門の近傍には、大腿ヘルニア、膀胱上窩ヘルニアなどの原因となる物理的に腹圧に弱い箇所が存在する。TAPP法ではメッシュ・プラグ法よりも大きなメッシュを留置するため、これらの弱い部分を広くカバーできる。
  • ・両側の場合にも創が増えない。

短所

  • ・メッシュ・プラグ法と比べて手術時間がかかる。手術に熟練を要する。

長所短所ありますが、患者さんにとっては特に他の部位からの脱出が予防できるという点で有意義と考えられます。

より安全に手術を受けていただくため、当科では、次のような患者さんにはメッシュ・プラグ法をお勧めしています。

  • ① 全身麻酔の適応がない症例
  • ② 鼠径ヘルニアの再発、嵌頓症例
  • ③ 初回であっても巨大なヘルニアである症例
  • ④ 下腹部の開腹歴がある、男性では特に前立腺の手術歴のある症例