1. トップ
  2. > 当院について
  3. > 病院概要

病院概要

地域社会の医療活動に幅広く貢献。
回復期医療にも積極的に取り組んでいます。

十条武田リハビリテーション病院は、2004年9月に回復期リハビリテーション病棟(現在100床)を開始、2005年9月には365日リハビリテーションを開始しました。
当院の特色としては回復リハビリテーションとプライマリーケア、入院から居宅までの一貫した治療・看護です。
診療科は17診療科で内科、外科、整形外科、リウマチ科疾患治療に力を入れており、さらに地域に密着した総合医療機関を目指して総合リハビリテーションセンター、血液透析センター(20床)、人工関節センター、リウマチセンターを開設し、広い範囲の亜急性期患者を引き受ける体制も整えています。

同時に24時間365日受け入れ体制を整え基幹病院と連携を図りながら救急救命の役割も果たしています。

病院の入り口の画像

十条武田リハビリテーション病院の医療体制

様々な角度から、患者さん中心の医療を実践。

患者さんが診療を受ける際、その検査や診断方法、治療方針について医師から十分な説明を受け、自らの意志でそれを選択するインフォームド・コンセント。
十条武田リハビリテーション病院では、各医療スタッフと患者さんとの密接なコミュニケーションを大切にし、このインフォームド・コンセントを重視した医療を推進しています。

救急医療

救急告示病院
救急治療室(1室)

総合医療

1.標榜科目
内科、糖尿病内科、リウマチ科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、心療内科、外科、肛門外科、整形外科、 脳神経外科、泌尿器科、リハビリテーション科、皮膚科、麻酔科、放射線科

2.特殊診療科目
睡眠時無呼吸、糖尿病、甲状腺、禁煙、乳腺

各診療科の詳細はこちら

医療機器

10室にわたる外来診療室などの最新施設、および1.5T(テスラ)MRIやデュアルスライスCTといった最新医療機器を整備しています。

MRIとデュアルスライスCTの画像

地域医療連携室

地域医療連携室を中心に、地域の開業医の先生方との連携に注力。患者さんのかかりつけの医師と高度な医療設備等を備えた病院の医師とが連携して治療に当たり、適切で効率的な医療を提供しています。

地域医療連携室の詳細はこちら

回復期リハビリテーション病棟

専従医師・看護師・PT・OT・ST・ソーシャルワーカーがチームを組み、一人ひとりの患者さんに合ったリハビリプログラムを作成。理学療法、作業療法については、週7日・365日のリハビリ体制で患者さんの早期社会復帰に向けて尽力しています。

回復期リハビリテーションの詳細はこちら

回復期リハビリテーション病棟内の画像

告示・指定

  • 救急告示病院 京都市2次病院群輪番
  • 労災保険取扱指定医療機関
  • 労災保険二次健診等給付医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 原爆被爆者一般疾病医療機関
  • 結核予防法指定医療機関
  • 身体障害者福祉法指定医療機関
  • 更正医療指定医療機関
  • 特定疾患取扱医療機関
  • 日本リウマチ学会教育施設
  • 日本外科学会外科専門医制度関連施設
  • 日本リハビリテーション医学会研修施設
  • 日本整形外科学会専門医制度研修施設
  • 日本麻酔科学会認定病院

施設基準(平成27年8月1日現在)

  • 一般病棟入院基本料(10対1) (5階病棟)
  • 障害者施設等入院基本料(10対1) (3階B病棟)
  • 救急医療管理加算
  • 診療録管理体制加算
  • 医師事務作業補助体制加算(50対1)
  • 急性期看護補助体制加算(25対1) 看護補助者5割以上 (5階病棟)
  • 特殊疾患入院施設管理加算 (3階B病棟)
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 医療安全対策加算1
  • 感染防止対策加算2
  • 退院調整加算
  • 救急搬送患者地域連携紹介加算
  • 救急搬送患者地域連携受入加算
  • 回復期リハビリ病棟入院料1(3階A病棟)体制強化加算 充実加算
  • 回復期リハビリ病棟入院料1(2階病棟)体制強化加算 充実加算
  • 入院時食事療養Ⅰ
  • ニコチン依存症管理料
  • 開放型病院共用指導料
  • 地域連携診療計画退院時指導料Ⅰ
  • がん治療連携指導料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料
  • 在宅時医学総合管理料又は特定施設入居時等医学総合管理料
  • 検体検査管理算(Ⅱ)
  • 遠隔画像診断
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 集団コミュニケーション療法料
  • 透析液水質確保加算・2
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び、6に掲げる手術
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 胃ロウ造設時嚥下機能評価加算
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • 酸素の購入単価の設定