1. トップ
  2. > 当院について
  3. > 院長あいさつ

院長あいさつ

武田病院グループの理念は「思いやりの心」であり、私共の医仁会武田総合病院は、病める人の目線に立って、地域社会に信頼されるような、安全で質の高い診療を行うことに努めております。

そのためには、病院として安全な医療の体制を堅持するとともに、患者中心の機能集約的医療、つまり、個々の患者さんを中心に、関係する多くの専門家が議論を尽くし、チームを組んで、その患者さんに最適な全人的医療を実践することを目指しております。それには、病院職員には専門家集団としての絶えざる切磋琢磨が要求されますので、職員一同は一致団結して、医療の質と量を上げるために、不断の努力を続けております。

病院は地域に支えられてこそ、その存在意義があります。私共は、「地域の皆様と共にある」事をモットーにしており、これまで以上に、急性期医療、手術部門や救急部門の受け入れ態勢を強化し、皆様から信頼され、親しまれる病院であり続けたいと願っております。

また、地域の病院にはそれぞれ得意な分野があり、また、病院と診療所では異なる使命がありますので、病病連携、病診連携を進め、それぞれの機能をフルに発揮し、協力し合って地域として完結する医療を進める事が大切だと考えております。

いろいろなご意見をお寄せ下さいますように、お願いいたします。

森田 陸司(もりた りくし)の写真

森田 陸司(もりた りくし)
医仁会武田総合病院 院長

昭和35年京都大学卒、大学院終了後、米国ミシガン大学に留学。京都大学放射線部助教授、川崎医科大学核医学科教授、滋賀医科大学放射線医学講座教授。
定年退任後、平成11年より国家公務員共済組合連合会 新香里病院長(2年間)。平成13年より滋賀医科大学副学長、附属病院長(7年間)。滋賀医科大学名誉教授。平成20年4月に医仁会武田総合病院病院長就任。

看護部長メッセージ

塚本美晴の写真

<セレーノ>
晴れやかな顔であれ
明るく、元気に、前向きに。

急激な少子高齢化や医療技術の進歩など医療・看護を取り巻く環境は大きく変化するなかで、地域包括ケアシステムの推進と医療機能の機能分化・強化、連携に関する視点を基本方針とする診療報酬改定が行われました。今回の改定は20年先の日本の未来への挑戦となっています

武田病院グループのリーディングホスピタルの医仁会武田総合病院では先端医療・急性期医療から慢性期医療と幅広い総合診療科を有し、地域医療に貢献できる病院として邁進しています。

看護部におきましては、いつでも、どこでも、誰にでも、その患者さんがよりよい健康を目指し、生活が整えられるよう支援すること。一人ひとりの意見・立場を尊重し看護実践を行うことを理念に地域の方々の支えになれるよう、広く・深く・豊かな思いやりの心で笑顔を届けて行きたいと思います。看護職員一人ひとりが看護の専門職としての役割を意識し、その能力を発揮し、やりがいが実感できる、そして結果が出せる人材育成に重点を置き、教育の充実を図っていきます。

医仁会武田総合病院 看護部長 塚本 美晴