1. トップ
  2. > 看護部
  3. > 看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

あたたかく、かつ確かな看護を提供する努力を続けています

塚本美晴の写真

<セレーノ>
晴れやかな顔であれ
明るく、元気に、前向きに。

急激な少子高齢化や医療技術の進歩など医療・看護を取り巻く環境は大きく変化するなかで、地域包括ケアシステムの推進と医療機能の機能分化・強化、連携に関する視点を基本方針とする診療報酬改定が行われました。今回の改定は20年先の日本の未来への挑戦となっています。

武田病院グループのリーディングホスピタルの医仁会武田総合病院では先端医療・急性期医療から慢性期医療と幅広い総合診療科を有し、地域医療に貢献できる病院として邁進しています。

看護部におきましては、いつでも、どこでも、誰にでも、その患者さんがよりよい健康を目指し、生活が整えられるよう支援すること。一人ひとりの意見・立場を尊重し看護実践を行うことを理念に地域の方々の支えになれるよう、広く・深く・豊かな思いやりの心で笑顔を届けて行きたいと思います。看護職員一人ひとりが看護の専門職としての役割を意識し、その能力を発揮し、やりがいが実感できる、そして結果が出せる人材育成に重点を置き、教育の充実を図っていきます。

医仁会武田総合病院 看護部長 塚本 美晴

看護部理念

  • 私たちは思いやりの心でいつでもどこでもだれにでも、その患者さんがよりよい健康を目指し生活がととのえられるよう支援します
  • 私たちは患者さんが主体的に生活をととのえられるよう、一人ひとりの意見、立場を尊重し看護の情報開示に努めます
  • 私たちはそれらに必要な知識・技術・感性を自分で育てる自己教育力を身につけます

平成29年度看護部目標

  • 急性期病院における看護アセスメント能力・看護実践能力を強め対象者の状態が早期に安定するよう取り組みます。
  • 対象者がその人らしい生活が送れるよう支援します。