1. トップ
  2. >  武田総合病院 医工連携推進室

武田総合病院 医工連携推進室

武田総合病院 医工連携推進室

新着情報

  • 2017.8.8しが医工連携ものづくりネットワークへ参画。
  • 2017.8.8武田総合病院 医工連携室ホームページを立ち上げました。
  • 2017.7.29京都大学HiDEP(Healthcare Innovation Design Entrepreneurship Program)へ協力医療機関として参画。
  • 2017.5.30大阪商工会議所 次世代システム産業化フォーラムに協力医療機関として参画。
  • 2017.3.20ユーザー評価実施運営に関わる検討業務を実施。
  • 2016.12.24京都市、公益財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)京都・Monozukuri Hub Meetupへ参加。
  • 2016.11.1医工連携推進室を設置しました。
  • 2016.11.1アイデア抽出委員会(脳神経外科川西昌浩委員長)を設置しました。
  • 2016.10.28HOSPEX2016 AMEDシンポジウムに当院泌尿器科山田仁医師が登壇しました。
  • 2016.7.30AMEDアイデアボックスへニーズ提供開始。
  • 2016.6.30京都府、公益財団法人京都21「iPSビジネス推進センター」へ参加。

武田総合病院 医工連携ポリシー

武田総合病院は「健康長寿の延伸」を追求する為に医療発展と安全の両立を求めて、日々の医療現場でのニーズ、課題の抽出を行い質の高い医療の提供できる病院を目指しています。また、抽出した情報はご協力頂く企業様と連携し、早期の上市につながるようオープンな体制作りに努めています。

AMEDアイデアボックス提供ニーズ クリックでMEDICアイデアボックスサイトへ移動します。

ユーザー評価を受付します

当院では日本のものづくりを応援するため、ユーザー評価(製品評価)を受け付けます。現時点では、試行段階ですので、お気軽にご相談ください。

ユーザー評価とは?

問い合わせ先

医工連携推進室
担当:大江匡行 t-ooe@takedahp.or.jp