1. トップ
  2. > 外来受診される方
  3. > 診療科一覧(外来診療表)
  4. > 放射線科

放射線科

概要

当科は、CT・MRIなどの画像診断を行います。

診療方針

画像診断

画像診断は、CT・MRIを中心に急速な進歩を遂げ、現在では臨床診断上重要な役割りを担っています。

放射線科はその画像診断が主な業務であり、カンファレンス、学会、論文等を通して常に新しい知識を取得し正確な診断を行うことを心がけています。消化管造影や血管造影、各種IVRでは放射線科医が直接患者さんに接して手技を行います。そこでは、被曝を最小限に留めつつ正確で安全な検査・治療の遂行に努めています。

写真を見て診断する以前に、まず適切な写真が、患者さんの病状に合わせた適当な時期に撮影されることが重要です。検査・治療の予約から実施までの過程が円滑に進み、目的に合った適切な検査・治療法が選択され、それらが安全に施行されるために、放射線技師、看護師、事務員を合わせた放射線科スタッフ全員が連携を保って業務にとり組んでいます。

診療内容

画像検査・画像診断

画像診断は、CT・MRIの診断が主体です。緊急症例の場合には、結果をレポート以外に電話で担当医に直接伝えるようにしています。その他、マンモグラフィーや、紹介時に持参された他院の画像データも診断しています。消化管バリウム検査や腹部超音波検査の一部については、検査自体を担当しています。グループ内の施設に対し、出張読影や遠隔画像診断も行っています。

他施設からの画像診断依頼

CT・MRI検査の依頼は、当院の地域連携室が窓口となって承っています。検査施行後、画像データはCD-Rの形で依頼元施設まで患者さんにお持ちいただいています。画像診断レポートはでき次第ファックスで依頼元施設に返送し、後日郵送でもお送りしています。

インターベンショナルラジオロジー(IVR)

手術画像IVRには、血管造影手技を応用して各臓器に薬剤を注入したり、血管を塞栓する、あるいは閉塞した血管を再開通させるといった方法や、CTやX線装置を用いて針を刺して組織の一部を採取したりチューブを挿入する方法などさまざまな種類の治療手技があります。
疾患領域によってそれを担当する診療科は異なります。放射線科では主に胸部、腹部の血管系IVR(原発性肝臓癌に対する動脈化学塞栓療法、各領域の腫瘍に対する動注化学療法、外傷や各臓器出血に対する動脈塞栓術や静脈瘤硬化術など)や四肢では透析シャント不全の血管内治療を行っています。非血管系IVRとしては、CTガイド下肺生検、胸腔鏡下肺部分切除前のCTガイド下マーキング、膿瘍ドレナージチューブ留置術などを行っています。

術前には病室に患者さんを訪れ、検査等の説明と診察を行い、安心して検査・治療が受けられるように努めています。

診療体制

診療実績

平成28年度実績

CT診断 21,244件
MRI診断 8,475件
遠隔画像診断(CT/MRI) 2,461件
消化管造影 189件
マンモグラフィー診断 1,218件
血管造影(含むIVR) 96件
非血管系IVR 19件
腹部超音波検査 6,012件
泌尿器超音波検査 12,693件
出張診療画像診断
MRI診断
消化管造影診断
マンモグラフィー診断
胸部X線
 
740件
4,772件
2,804件
12,433件

その他

医療安全対策

各種安全対策はもとより、当科では放射線防護を常に意識して業務を行っています。放射線技師との連携のもとに、患者さんの医療被曝のみならず、スタッフの職業被曝も低減できるように努めています。

クリティカル・パス

腹部血管造影検査一般、原発性肝癌に対する動脈化学塞栓療法についてはクリティカル・パスを使用しています。

カンファレンス

毎週月曜は神経疾患、火曜は呼吸器疾患、水曜は消化器疾患について各科と合同カンファレンスを行っています。
呼吸器カンファレンスでは、初期臨床研修医のための胸部X線画像読影トレーニングを行っています。

臨床研修目標

初期研修で当科を選択した場合には、放射線学的検査法や治療法の適切な選択や評価ができるようになるために、画像診断やIVRの基本的な考え方や方法を習得することを一般目標としています。特に腹部超音波検査は一人で施行し診断できること、IVRでは適応を考えプランをたて上級医とともに手技を完遂できることを行動目標としています。

学会・研究会

学会、研究会は積極的に参加するようにしています。