1. トップ
  2. > 外来受診される方
  3. > 診療科一覧(外来診療表)
  4. > 腎・透析科

腎・透析科

概要

当科は、透析医療の導入・維持を担当します。

診療方針

当科は末期腎不全患者さんに対しての透析導入、透析患者さんの維持を主に担当しています。十分なインフォームドコンセントを行い、透析医療に対して正しく理解していただけるよう努め、導入・維持が円滑に行われるよう、透析導入時期の見極めとシャント関連手術および血管内治療に重点を置いています。また、長期透析中に発症する多くの合併症に対しても他科と連携し、総合的に透析患者さんを診ていくことを基本としています。

診療体制

専門性

日本透析医学会教育関連施設

診療実績

血液透析、腹膜透析ほか、現在わが国で施行されているほぼ全種類の体外循環療法が可能です。

年間透析導入数 20~30例
年間内シャント関連手術 100例

将来計画

武田病院グループ施設のみならず、他施設から紹介された患者さんへの透析導入、シャント修復を施行、また、当院の各専門科での治療目的のため入院される透析患者さんの管理を行い、本地域における透析医療の中核を目指している。