1. トップ
  2. > 外来受診される方
  3. > 診療科一覧(外来診療表)
  4. > 心臓血管外科

心臓血管外科

外来診療表

心臓血管外科

午前 三重野 繁敏
三重野 繁敏 (1.5)
野村 幸哉 (2.4)
岸田 賢治 (3)
4 勝間田 (初診の方のみ 10:30~)
午後 三重野 繁敏 (動脈瘤・ステントグラフト外来 14時~16時)
夜診 岸田 賢治 (初診不可)

休診・代診

受付時間

8:00~12:00/17:00~19:00

  • ・耳鼻咽喉科の月曜夜診は予約、紹介状ご持参の方のみとなります。(初診の方の受付が不可となります)
  • ・眼科外来の火曜・木曜・土曜の受付時間は11:00まで。
  • ・呼吸器内科外来の月曜・金曜午前診の受付時間は8:00~11:30まで。
  • ・皮膚科外来の金曜午後の褥瘡外来は、入院中の患者様のみ受診可となります。
  • ・皮膚科夜診は、18:00より開始。木曜のみ17:30より開始。
  • ・小児科土曜午前診神谷Drの受付時間は8:00~11:00まで。
  • ・整形外科外来の午前診の受付時間は初診・再診ともに8:00~11:00まで、投薬・注射は12:00まで受け付けます。
  • ・整形外科外来夜診は、初診診療と投薬のみ受付。
  • ・泌尿器科の木曜夜診察は18:00より開始いたします。
  • ・心臓血管外科の夜診は再診のみ受け付けます。(初診は不可)
  • ・月曜・水曜・木曜・金曜の神田副院長の診察は再診の方と紹介状ご持参の方のみとなります。
  • ・糖尿病センター月曜午後診を受診される初診の方は受付窓口にてご相談ください。

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印()の科目については予約制を導入しています。但し、電話での予約は一部診療科を除いて(下記参照)は受け付けておりませんのでご了承ください。

  • ・・・初診・予約のない再診・急患の方も受付けています。
  • ・・・予約をされた再診の方のみの診療となっています。(初診の方は受け付けておりません。)
  • ・・・各診療科にて受け付けをしております。(電話でも受け付けています。)
  • ・・・初診の予約の方のみの診察となっております。

注意)★☆の予約は「9:00~17:00」の間、外来(6)番予約窓口にておこなっております。
電話での予約はしておりません。ただし、『神経筋外来土曜日の梶先生の診療』の予約のみ電話でも受け付けております。

地域連携小児夜間・休日診療

第2土曜   15:00~ 18:00  担当 小山(小山医院)
第2日曜     9:00~ 12:00  担当 松田(まつだ小児科)
第3土曜   15:00~ 18:00  担当 西村(にしむら子供クリニック)
              ※5月より第1土曜から第3土曜に変更になります。
第4土曜   15:00~ 18:00  担当 森   (もり小児科クリニック)
第4日曜     9:00~ 12:00  担当 石野(いしのこどもクリニック)

睡眠時無呼吸外来

毎週木曜日
受付時間   午後12時~
診療時間   午後14時~16時

初診・予約のない再診の方も受け付けております。

緩和ケア外来開設

緩和ケア外来を開設いたしました。

毎週水曜日   診療時間   午後16時~17時
毎週木曜日   診療時間   午後18時~19時

完全予約制となります。
予約は、地域連携室(がん相談支援室)にて受付を行っています。
受付時間   月曜日~土曜日(日祝除く)   午前8時30~午後17時
TEL:075-572-6530(直)

概要

当科は、循環器疾患の外科的治療を行います。

診療方針

当科では循環器内科・不整脈科と連携をとり、十分なインフォームドコンセントのもと、専門性の高い成人循環器疾患の外科的治療を行っています。医学の進歩に合わせて患者さんの立場に立った最善の治療法を選択し、迅速に治療を行う方針をとっています。

また術後は心臓リハビリテーション専門の運動療法士とともに心臓リハビリを行い、早期の社会復帰・QOL(Quality of Life)の改善に力を注いでいます。

当診療科では、下記事業に参加しています。詳しくは、下記をクリックして下さい。

専門医制度と連携したデータベース事業について

診療体制

三重野 繁敏

  • 部長

岸田 賢治

  • 副部長

野村 幸哉

  • 心疾患救急部長

特徴

当院は心臓外科専門医認定修練施設であり、成人に対する心臓、大動脈、血管手術を行っています。

冠動脈手術は質の高い吻合を行うため、人工心肺を使用した冠動脈バイパス手術を基本としています。しかしながら近年は高齢者の増加に伴い、人工心肺を用いないOPCABも行っています。

心臓弁膜症も高齢化に伴い大動脈弁狭窄症が増加しています。非虚血性の僧帽弁閉鎖不全症に対しては積極的に弁形成術を行っており、最近では全例に形成術を完遂できています。

弁膜症に伴う心房細動に対して積極的に高周波デバイスによるメイズ手術も行っています。
胸部大動脈瘤では、急性大動脈解離や真性瘤に対する手術を行っています。
腹部大動脈瘤は基本的に開腹手術を行っています。
現在、より低侵襲で動脈瘤治療が可能なステントグラフト治療を開始しています。

末梢血管病変に対してはバイパス術や内膜剥離術を行っています。また血管内治療は循環器内科にて行っています。

下肢静脈瘤に対しては、症状のひどい患者さんにのみ局所麻酔による観血的手術やレーザー治療を行っています。
美容目的の手術は行っていません。

診療内容の評価

手術適応症例が発生した場合は、随時スタッフ全員でディスカッションを行います。
循環器内科スタッフや他科医師とも随時ディスカッションを行い、治療方針に偏りがないように注意します。
クリティカル・パスを活用し医療の質を維持し、安全確保に利用しています。新たな術式の導入においてもクリティカル・パスの新規作成・登録を積極的に行います。
個人情報保護法を遵守し、情報管理を厳格に行います。

臨床研究・治験

学会には積極的に参加して最新情報の収集に努めています。

教育計画・臨床研修

カンファレンスを毎週1回行っています。緊急手術時にはその直前に随時行います。