1. トップ
  2. > 外来受診される方
  3. > 診療科一覧(外来診療表)
  4. > 不整脈科

不整脈科

外来診療表

不整脈科

午前 仁科 尚人
木田 順富
江里 正弘
牧山 (第2・4週目のみ)
木田 順富
午後 野村 悠文
木田 順富
牧山 (第2・4週目のみ)
木田 順富

休診・代診

  • 2018年7月12日(木) 不整脈科 (午前・午後):牧山→休診 7/5(木)は診療
  • 2018年7月05日(木) 不整脈科 (午前・午後):牧山→診療 7/12(木)は休診
  • 2018年6月28日(木) 不整脈科 (午前・午後):牧山→休診(6/21(木)勤務)
  • 2018年6月21日(木) 不整脈科 (午前・午後):牧山→診療(6/28(木)休診

受付時間

8:00~12:00/17:00~19:00

  • ・耳鼻科外来の月曜・金曜の夜診は初診、予約、紹介状ご持参の方のみとさせて頂きます。
  • ・眼科外来の火曜・木曜・土曜の受付時間は11:00まで。
  • ・呼吸器内科外来の月曜・金曜午前診の受付時間は8:00~11:30まで。
  • ・皮膚科夜診は、18:00より開始。木曜のみ17:30より開始。
  • ・小児科土曜午前診神谷Drの受付時間は8:00~11:00まで。
  • ・整形外科外来の午前診の受付時間は初診・再診ともに8:00~11:00まで、投薬・注射は12:00まで受け付けます。
  • ・整形外科外来夜診は、初診診療と投薬のみ受付。
  • ・泌尿器科の木曜夜診察は18:00より開始いたします。
  • ・心臓血管外科の夜診は再診のみ受け付けます。(初診は不可)
  • ・月曜・水曜・木曜・金曜の神田副院長の診察は再診の方と紹介状ご持参の方のみとなります。
  • ・糖尿病センター月曜午後診を受診される初診の方は受付窓口にてご相談ください。

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印()の科目については予約制を導入しています。但し、電話での予約は一部診療科を除いて(下記参照)は受け付けておりませんのでご了承ください。

  • ・・・初診・予約のない再診・急患の方も受付けています。
  • ・・・予約をされた再診の方のみの診療となっています。(初診の方は受け付けておりません。)
  • ・・・各診療科にて受け付けをしております。(電話でも受け付けています。)
  • ・・・初診の予約の方のみの診察となっております。

注意)★☆の予約は「9:00~17:00」の間、外来(6)番予約窓口にておこなっております。
電話での予約はしておりません。ただし、『神経筋外来土曜日の梶先生の診療』の予約のみ電話でも受け付けております。

地域連携小児夜間・休日診療

第2土曜   15:00~ 18:00  担当 小山(小山医院)
第2日曜     9:00~ 12:00  担当 松田(まつだ小児科)
第3土曜   15:00~ 18:00  担当 西村(にしむら子供クリニック)
              ※5月より第1土曜から第3土曜に変更になります。
第4土曜   15:00~ 18:00  担当 森   (もり小児科クリニック)
第4日曜     9:00~ 12:00  担当 石野(いしのこどもクリニック)

睡眠時無呼吸外来

毎週木曜日
受付時間   午後12時~
診療時間   午後14時~16時

初診・予約のない再診の方も受け付けております。

緩和ケア外来開設

緩和ケア外来を開設いたしました。

毎週水曜日   診療時間   午後16時~17時
毎週木曜日   診療時間   午後18時~19時

完全予約制となります。
予約は、地域連携室(がん相談支援室)にて受付を行っています。
受付時間   月曜日~土曜日(日祝除く)   午前8時30~午後17時
TEL:075-572-6530(直)

概要

当科は、「心臓のリズム」異常の治療を担当します。

診療方針

不整脈科では循環器疾患の中でも「心臓のリズム」異常、いわゆる「不整脈」と呼ばれる病態治療を専門とする他施設の一般循環器科にはない特色を持ち合わせた診療科です。診断困難な不整脈の心電図診断をはじめ、不整脈によると考えられるあらゆる病態・症状に対処すべく、当院循環器内科・心臓血管外科と密接な連携をもちながら、診療を行っています。

不整脈疾患は、突然死に至る重症不整脈から生命には影響を及ぼさないが日常生活(QOL)に支障をきたすものまで様々に存在します。多様化する病態を特徴とする不整脈の治療の第一歩はその原因となる不整脈の確定診断となります。これは不整脈発作時あるいは動悸や胸部不快感などの症状出現時に記録された心電図が非常に重要です。逆に発作や症状がない時の心電図のみでは不整脈の確定診断が不可能ということになります。これを捉えるために運動負荷心電図や長時間心電図(24時間ホルター心電図と呼ばれるもの)、さらに発作あるいは症状出現時のみ記録可能であるイベントレコーダー記録を行い、診断をつけます。また原因不明の失神に対しては、自律神経調節異常に伴う血圧低下や失神の可能性(迷走神経媒介性失神)があり、これらを診断する目的でヘッドアップチルト検査も行う事が可能です。これら諸検査を行っても原因となる不整脈心電図が得られない場合は不整脈のカテーテル検査(臨床電気生理学的検査)を行います。

原因となる不整脈の心電図診断がつけば治療となります。治療はそれぞれの不整脈病態に合わせて薬物内服治療から不整脈科の特色であるカテーテル心筋焼灼術(アブレーション)による根治治療、失神などを起こす徐脈性不整脈に対してはペースメーカー植え込み術、突然死の原因となりうる致死的不整脈(心室細動など)に対しては除細動器(ICDと呼ばれる)植え込み術、さらには薬物・点滴治療抵抗性の重症心不全患者に対する両心室ペーシング治療(CRTと呼ばれる)を行っています。

I) 薬物治療

種々の抗不整脈薬とよばれる内服薬治療が主体です。抗不整脈薬は他の一般薬と異なり、心臓をはじめとする身体への影響が懸念されるため、豊富な知識と経験が必要となります。当科では様々な大規模試験の結果をふまえ、10年以上不整脈診療に携わった医師による外来診療を通じ、患者さんへ安心して頂ける薬物内服治療を行っています

II) 頻脈性不整脈に対するカテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション治療)

1990年はじめに本邦で本治療が取り入れられてからは今日では様々な頻脈性不整脈に対して適応が広まっています。従来の上室性頻拍・心房粗動・心房頻拍に加え、心室頻拍・心房細動に対しても最新のマッピングシステム(3次元マッピングシステム:CARTOシステム)を使用し、積極的に行っています。治療時間は対象となる不整脈により変動します(表:カテーテル治療の概要参照)。

マッピングシステムの画像●カテーテル治療による頻脈性不整脈(図中AFL)の停止。停止後は正常の脈(図中SR)に戻っている。

マッピングシステムの画像●頻脈性不整脈(AFL)持続中の3次元マッピングシステムによる解析。本システムを用いることで、頻脈性不整脈の心臓内興奮伝播様式を詳細に把握することが可能となる。本頻拍は心房内を反時計方向(図中黄色矢印方向)に旋回するものと診断した。

心房細動に対するカテーテル心筋焼灼術

循環器領域においては心房細動は生活習慣病の1つとも考えられるほど、加齢とともに生じやすい不整脈と言われています。本頻脈性不整脈に伴う症状は様々で心房細動自体は死に至る病気ではありません。しかし適切な治療が行われていない場合、「脳卒中」や「心不全」を招くことがあり、注意が必要です。当科では患者さんの生活の質(QOL)の向上を目指すことを主体に本不整脈に対するカテーテルアブレーションも積極的に行っています。

3次元マッピングシステムを使用下心房細動アブレーションの画像

●3次元マッピングシステムを使用下心房細動アブレーション
透視下[図中A): 数本のカテーテルが左心房内に挿入されている]とは異なり、心臓の解剖ならびに治療用(アブレーション)カテーテルの3次元的位置が詳細に把握できることが本マッピングシステムの長所である。
B):左心房を後ろ側より見たもの    C):左心房内から両左肺静脈を見たもの 図中B)、C) の赤点はアブレーション施行部位;術中に施行部位の記録が残せるため、心臓内のどの箇所に治療を行ったのか把握できる。

カテーテル治療(アブレーション)の概要

心房細動 上室性頻拍
心房粗動
心室頻拍
手技時間 3(~4)時間 1.5~2時間 2~4時間
入院期間 3泊4日 2泊3日 3泊4日
成功率 75~90% ≥95~100% 80~100%
合併症(偶発症) まれ
(0.7~1%)
きわめてまれ
(<0.5%)
きわめてまれ
(<0.5%)

●冷凍凝固バルーンアブレーション (クライオバルーンアブレーション)
当科ではバルーンデバイスを用いた冷凍凝固アブレーションも行っています。この方法だと肺静脈周囲の伝導途絶(肺静脈内からの異常発火を心房側に伝わらないように、堤防を作成する)がカテーテル治療と比べて一瞬で可能となるため、手技時間・合併症の可能性を大幅に軽減できます。

クライオバルーン治療での伝導途絶様式
クライオバルーン治療での伝導途絶様式
カテーテル治療での伝導途絶様式
カテーテル治療での伝導途絶様式

クライオバルーンアブレーション(図左:図中右下がバルーンアブレーションデバイス)では治療箇所(白丸)が一瞬で作成できるため、カテーテルによる伝導途絶様式(図右黄色丸)に比べて作成方法が容易であり、手技時間の大幅な短縮につながる。
[※両図内白色(アイコン)が心房細動発症の原因となる異常発火]

カテーテル治療での伝導途絶様式肺静脈入口周囲でバルーンを圧着させる(図中黒矢印)ことで瞬時に治療が可能となる。圧着の程度はバルーン先端より造影剤を注入し、確認する。
(図中※:肺静脈の中が造影剤にて染まる)

III) 徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療

意識消失や失神発作、めまいなどの原因となる徐脈性不整脈に対してはペースメーカー治療が有効です。手術時間は1~1.5時間弱と短時間でペースメーカー植え込みのみの手術であれば、術後の安静も術翌日からは通常と変わりなく動けるようになります。
徐脈性不整脈のみならず、心機能が著しく低下し、種々の薬物加療でもコントロールが困難な場合は積極的にペースメーカーを利用した心室再同期療法(Cardiac Resynchronization Therapy:CRT)を行っています。本治療を行った場合、術後の心機能改善には心臓超音波(エコー)による評価が必須であるため、当院検査科(部長:鮎川宏之)とも連携をとりながら定時心臓エコー評価を行っています。

IV) 除細動器(ICD)植え込み治療

心臓突然死をきたすような致死的不整脈(心室細動・心室頻拍)を発症する場合には除細動器(Implantable Cardioverter Defibrillator:ICD)の植え込み術を行っています。致死的不整脈が遺伝子由来の不整脈疾患(Brugada症候群、QT延長症候群、不整脈源性右室心筋症:ARVC等)からと思われる場合は積極的に京都大学、滋賀医科大学へ遺伝子検索を依頼して確定診断をつけるようにしています。

ペースメーカー、除細動器植え込み後の縫合部ならびに心臓内デバイス位置関係の画像

●ペースメーカー、除細動器植え込み後の縫合部ならびに心臓内デバイス位置関係

デバイス植え込みは通常利き腕の対側に植え込みを行う。皮膚表面と筋肉との間に本体を挿入するポケットを作成する。同ポケット内部より心臓へ通じている血管を介して心臓内(右心房・右心室)へ人工的に刺激を行う線路(リード)を挿入する(図A)。リードと本体をポケット内に留置し、皮膚縫合を行う(図B)。

診療体制

2010年11月よりそれまで木田医師の1人体制から新たに2名の常勤医師(江里・仁科)を当科に迎え、3人体制となりました。さらに2017年4月より大阪医科大学循環器より野村先生を迎えて3次元マッピングシステムを含む最新カテーテルアブレーション機器を導入し、高齢化社会に伴い近年増加傾向にある心房細動患者に対するカテーテル治療を中心に診療を行っています。

外来担当表(2017年4月現在)

午前(9:00〜12:00) 仁科 木田 江里 牧山 木田 仁科§
午後(14:00〜17:00) 木田 牧山 木田
  • *  京都大学循環器内科より(第2、4週目のみ)
  • §  循環器科外来も兼ねる(第1週目のみ)
    当院関連施設である十条武田リハビリテーション病院においても診療を行っています。
    (江里:毎週火曜日夜間診療)

診療実績

2010年11月より3人体制となって以降、心房細動に対するカテーテルアブレーション治療を中心にペースメーカー、除細動器植え込み術を積極的に行っています。

診療実績(過去5年)

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
カテーテル
心筋焼灼術
90 105 86 88 137
ペースメーカー
植え込み術
51 43 51 74 54
除細動器
植え込み術
14 12 11 17 5
心室再同期療法 12 18 15 9 20

将来計画

カテーテルアブレーション治療を含む心臓電気生理学的検査が必要となる患者さんが多くなり、2011年度の実績をもとに、2012年1月より国内不整脈専門医研修認定施設(日本不整脈学会・日本心電学会認定)の1つとして、患者さん個々のQOL向上を目指すことを念頭に診療業務を行っています。