1. トップ
  2. > 外来受診される方
  3. > 診療科一覧(外来診療表)
  4. > 産婦人科

産婦人科

外来診療表

産婦人科

午前 伴 千秋
鞠 錦
橘 敏之
奥村
橘 敏之
伴 千秋
足立 陽子
鞠 錦
足立 陽子
夜診 鞠 錦
橘 敏之

休診・代診

受付時間

8:00~12:00/17:00~19:00

  • ・耳鼻科外来の月曜・金曜の夜診は初診、予約、紹介状ご持参の方のみとさせて頂きます。
  • ・眼科外来の火曜・木曜・土曜の受付時間は11:00まで。
  • ・呼吸器内科外来の月曜・金曜午前診の受付時間は8:00~11:30まで。
  • ・皮膚科夜診は、18:00より開始。木曜のみ17:30より開始。
  • ・小児科土曜午前診神谷Drの受付時間は8:00~11:00まで。
  • ・整形外科外来の午前診の受付時間は初診・再診ともに8:00~11:00まで、投薬・注射は12:00まで受け付けます。
  • ・整形外科外来夜診は、初診診療と投薬のみ受付。
  • ・泌尿器科の木曜夜診察は18:00より開始いたします。
  • ・心臓血管外科の夜診は再診のみ受け付けます。(初診は不可)
  • ・月曜・水曜・木曜・金曜の神田副院長の診察は再診の方と紹介状ご持参の方のみとなります。
  • ・糖尿病センター月曜午後診を受診される初診の方は受付窓口にてご相談ください。

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印()の科目については予約制を導入しています。但し、電話での予約は一部診療科を除いて(下記参照)は受け付けておりませんのでご了承ください。

  • ・・・初診・予約のない再診・急患の方も受付けています。
  • ・・・予約をされた再診の方のみの診療となっています。(初診の方は受け付けておりません。)
  • ・・・各診療科にて受け付けをしております。(電話でも受け付けています。)
  • ・・・初診の予約の方のみの診察となっております。

注意)★☆の予約は「9:00~17:00」の間、外来(6)番予約窓口にておこなっております。
電話での予約はしておりません。ただし、『神経筋外来土曜日の梶先生の診療』の予約のみ電話でも受け付けております。

地域連携小児夜間・休日診療

第2土曜   15:00~ 18:00  担当 小山(小山医院)
第2日曜     9:00~ 12:00  担当 松田(まつだ小児科)
第3土曜   15:00~ 18:00  担当 西村(にしむら子供クリニック)
              ※5月より第1土曜から第3土曜に変更になります。
第4土曜   15:00~ 18:00  担当 森   (もり小児科クリニック)
第4日曜     9:00~ 12:00  担当 石野(いしのこどもクリニック)

睡眠時無呼吸外来

毎週木曜日
受付時間   午後12時~
診療時間   午後14時~16時

初診・予約のない再診の方も受け付けております。

緩和ケア外来開設

緩和ケア外来を開設いたしました。

毎週水曜日   診療時間   午後16時~17時
毎週木曜日   診療時間   午後18時~19時

完全予約制となります。
予約は、地域連携室(がん相談支援室)にて受付を行っています。
受付時間   月曜日~土曜日(日祝除く)   午前8時30~午後17時
TEL:075-572-6530(直)

概要

当科は、安全を第一としたチーム医療を心がけております。

診療方針

モットー

手術の画像当院の産婦人科は、地域の基幹病院として救急疾患、合併症をもつ妊娠、悪性腫瘍、良性腫瘍の手術、その他の疾患を総合的に取り扱う役割を大切にしたいと考えています。大学病院などと異なり、各診療科とのチームワークに優れている事が、他の病院に勝る点で泌尿器科医や外科医と協力して手術に当ることも多々あります。また、新生児に対しても、24時間小児科医師が常勤しております。残念ながら、現在はNICU、体外受精の必要がある患者さんは他院に紹介させていただいております。

インフォームドコンセント

当院は地域に根ざした、また地域の基幹病院として高度医療を提供することを主眼とし、合併症妊婦、救急医療、悪性腫瘍患者、内視鏡下手術などに対して、十分なインフォームドコンセントとわかりやすい説明、話しやすい女性医師、患者さんに優しいスタッフ、安全な医療を目指してチーム医療を心がけています。

紹介患者さん

また、地域の基幹病院として、近隣の開業医の先生方からの紹介はこの5~7年間にかなり増加しました。また最近の医療情勢としてセカンドオピニオンを受けたいという患者さんも増えており、当院から他の病院へセカンドオピニオンを受けに行くばかりではなく、セカンドオピニオンを受けに当院を受診する患者さんも増加しており、その対応も行っています。

当施設の特徴

当院は厚生労働大臣の指定する研修指定病院であるとともに、日本産科婦人科学会の専門医制度認定医研修指導施設として、また、母体保護法研修指導施設としても認可されており、5年間の研修医を養成しています。また、10年以上前から、他院に先駆けて腹腔鏡下の手術を開始し、今日では良性腫瘍、子宮外妊娠の80%以上を腹腔鏡下に行い、低侵襲の手術を行っています。悪性腫瘍に関しては再発リスクを下げるため、国内では癌センターなど先進医療施設が行っている積極的リンパ節郭清術を早期癌にも行い治療成績を上げています。

しかし、医師不足のおり体外受精胚移植法や低出生体重児に対する集中治療施設、放射線治療施設を持たないため、そのような適応の患者さんは他院に紹介搬送を行っています。今年の5月から、宇治武田病院でトモセラピーという最新の放射線治療装置も稼働しましたので、悪性腫瘍の患者さんの治療の選択枝も広がってきております。

診療体制

橘 敏之

  • 顧問

伴 千秋

  • 部長

鞠 錦

  • 医長

足立 陽子

  • 医員

専門性

悪性腫瘍:ほとんど100%の本人への告知を基本とし、麻酔科、放射線科、臨床病理、外科、泌尿器科、消化器科など専門各科との連携を行い、診断、手術、抗癌化学療法(動脈内投与を含め)、集中治療室管理、武田免疫クリニックによるリンパ球免疫療法、ターミナルケアなどを行っています。

良性腫瘍:腹腔鏡下の手術を中心に行っており、子宮外妊娠、子宮全摘出、子宮筋腫核出術などの難易度の高い内視鏡下手術を行っています。また、子宮鏡下の手術(ポリープ切除、筋腫核出術、内膜掻爬術)も行っています。

周産期:小児科を始め専門他科との連携をとり、周辺開業医師からの紹介などを中心として合併症妊娠の管理などを行っています。

不妊症:体外受精胚移植法をのぞいた不妊症の診断、治療を行っています。特に内視鏡下の卵管開窓術や、子宮内膜症に対する病巣除去術に力を入れています。

更年期対策:各外来でホルモン補充療法を始め、骨粗鬆症の診断治療、うつ傾向に対する薬物療法などを行っています。

救急医療:産婦人科救急医療のうち、呼吸管理を要する低出生体重児や呼吸器障害の新生児が生まれることが予測される場合をのぞいて、全面的に受け入れており、緊急手術件数も少なくありません。

教育およびチーム医療の推進

チーム医療の推進、教育の目的に加え患者の安全を配慮して、クリ二カルパスの導入を進めてきましたが、現在80%の患者さんがクリニカルパスに適応して入院されています。また、毎週月曜日、術前、重傷者カンファレンスを行っています。時には、放射線科医師、小児科医師も参加してもらい検討会を行っています。化学療法のプロトコールなどもこの検討会で行います。臨床研修指定病院ですので、医学部卒業後2年目の研修医師がローテーションしています。彼らと共に、日々新しい知識や手技、患者さんとの接し方を学んでいます。

また、外来診察室の一角に内視鏡手術用のトレーニング装置を置き、いつでも内視鏡下の鉗子操作、縫合操作の練習ができるようにそろえています。さらに、年2回の新生児蘇生術の訓練を、挿管モデル人形を用いて、看護師、医師の参加によって行っています。

研修医の指導、訓練、勉強などについては別途研修指導要綱に詳細があります。

診療実績

病床数 23
年間外来患者のべ総数 13,388名
入院患者総数 731名

産科

分娩数(22週以降) 280例
帝王切開術 58例(帝王切開率20.7%)
周産期死亡数(22週以降の死産、生後7日目までの新生児死亡) 1例 胎児奇形

婦人科

総手術数 334件(手術室、病棟処置室)
開腹手術 帝王切開術 58例
(帝王切開術をのぞく) 44例
腹腔鏡下手術 67例
膣式手術 37例
流産手術、人工妊娠中絶術 112例
抗癌化学療法 65回入院(周期)

研究

その他まれな症例について、報告を行っています。

将来計画

低侵襲の手術としての応用だけでなく、開腹術では行えない分野の手術を行うべく、内視鏡下の手術法の改良を検討導入しかけています。(腹腔鏡下、後腹膜鏡下、子宮鏡下)