トップページ > 健康のために > 健康相談Q&A > 大動脈解離について

健康のために

健康相談Q&A

※武田病院グループが発行する「たけだ通信」記事からの転載です。医師やスタッフの肩書き/氏名は掲載時点のものであり、現在は変わっている可能性があります。

武田病院 心臓血管外科部長 朴 昌禧

大動脈解離について

武田病院 心臓血管外科部長 朴 昌禧

大動脈解離とはどのような病気ですか?

解離のはじまり
解離のはじまり

大動脈の壁は本来、内膜、中膜、外膜と三層構造になっていますが、大動脈解離とはこの壁が薄皮を剥ぐようにして二層に剥がれ、血管が二つの腔になった状態をいいます。本来の血液の通り道を真腔と呼び、新たにできた本来とは違う通り道を偽腔と呼びます。通常は急性に発症し、薄い血管の外膜一枚で血流を支えるため、破裂の危険が高く、解離の部位によっては緊急手術を必要とします。


どのような症状がありますか?

突然発症する前胸部や背部の激しい痛みが典型的です。また、解離の進行と共に、疼痛の部分が移動することもあります。さらに、解離の部位によってはさまざまな臓器の血流障害を引き起こし、多彩な症状を示します(心不全、心筋梗塞、意識障害、腹痛、下肢痛など)。意識障害や下肢痛などが主な症状の場合、この病気の発見が遅れることがあります。

原因は何ですか?

明らかな原因ははっきりしていません。高血圧は重要な危険因子ですが、血圧が高くなくても発症することがあります。また、大動脈の血管の壁を支える中膜の構造が元々弱い病気があり、その場合には大動脈解離を発症しやすいといわれています。

どのような治療方法がありますか?

急性発症で心臓のすぐ近くの大動脈(上行大動脈)に解離が及んでいればスタンフォードA型解離とよび、緊急手術の対象となります。手術しない場合、発症 24時間以内に死亡する可能性が非常に高いからです。先般、タレントの加藤茶さんが緊急手術を受けられたのもこの病気です。当院でも24時間この手術ができる体制を整えています。心臓から少し離れた下行大動脈から始まる急性解離(スタンフォードB型)は、安静、血圧管理などの内科的治療が主体になります。ただし臓器の血流障害による合併症を起こしていたら手術が考慮されます。また、破裂したときも当然緊急手術の適応になります。
急性期に手術が行われなかった場合、あるいは発症時期不明で偶然発見された場合が慢性期の大動脈解離になりますが、通常血管径が拡大してきた場合(胸部の場合は6cm以上、腹部の場合は5cm以上)に手術の対象となります。
いずれの場合も手術は病気の大動脈を人工血管で置き換える手術になります。

日頃注意すべき点はありますか?

高血圧が重要な危険因子ですので、高血圧の方はきちんと処方された降圧剤を服用し続けることが重要です。また、これは血管の病気一般に言われることですが、塩分や脂肪分の制限、適度の運動、規則正しい生活などが大事になってくると思われます。


このページのトップへ