トップページ > 人間ドック・健診について > 特定健診について

特定健診について

特定健康診査・保健指導とは?

 

これまでの健診・保健指導は「病気の早期発見・早期治療」を目的としたものでした。
平成20年4月からは、40歳から74歳までの全ての方(被保険者及び被扶養者)を対象に「特定健康診査」・「特定保健指導」を行う事になりました。

これはメタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)の要因である蓄積された「内臓脂肪」を減らせれば高血圧・高脂血症・高血糖、更には心臓病や脳梗塞等の生活習慣病の進行を食い止める事が出来ると、様々な研究からわかってきました。そこで内臓脂肪の蓄積をチェックし、更にメタボリックシンドロームのリスクを見つける事で、自覚症状のない段階から生活習慣の改善を目的としたものとなります。


健診は個人が生活習慣を振り返る絶好の機会となり、その為に健診結果に基づいた保健指導を行います。

実施施設一覧はこちら


特定健診・特定保健指導が実施されることになったワケ

1. 増え続ける医療費の多くを占めるのは生活習慣病
医療費の約5割はがん、心臓病や脳梗塞などや糖尿病及びその合併症(腎臓病など)

2. 生活習慣病となる危険は、危険因子が重なるごとに増大
内臓脂肪型肥満(内臓脂肪)に起因したメタボリックシンドロームが問題

3. メタボリックシンドロームの予防・解消で生活習慣病は効果的に予防できる
メタボリックシンドロームに着目した健診で対象者を選定し、保健指導により健康 的な生活習慣の定着を図る

今までの健診との違い

従来の健診と保健指導

  • 健診は病気の早期発見・早期治療が目的
  • 保健指導は病気ごとに実施

違い

これからの特定健診・保健指導

  • 健診はメタボリックシンドローム及び予備群の選定が目的
  • 保健指導はリスク別に必要度に応じて実施

特定健診・保健指導の流れ

特定健診・保健指導の流れ


このページのトップへ