武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

医療法人財団 宮津康生会 宮津武田病院

内視鏡検査(経鼻内視鏡検査)

みなさんは、鼻から内視鏡を挿入する検査方法をご存じでしょうか?

そもそも、内視鏡検査とは、食道・胃・十二指腸の形態の変化,潰瘍,腫瘍あるいは各種の炎症性病変の診断を行うものです。

これまで、内視鏡検査は口から挿入するものが一般的でした。しかし、最近ではカメラの外径が約5~6mmの細い内視鏡が登場し、「経鼻内視鏡検査」という鼻から挿入する方法で検査が行われることも増えてきています。

経鼻内視鏡検査は、内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどにも触れないので、経口の内視鏡検査に比べ、検査時の吐き気・不快感が大幅に軽減できることが期待されます。ある病院の調査結果によると、経口の内視鏡検査を受けた後に「もう二度とやりたくない」と考えていた人の90%以上が、「鼻から入れる内視鏡検査ならまた受けてもいい」と答えています。

このように、より負担の少ない経鼻内視鏡の登場によって、内視鏡検査がさらに身近なものになることが期待されています。

検査をご希望の方は、病院までお気軽にお問い合わせ下さい。

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.