武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

木津屋橋武田病院

お気軽に療養のご相談を

療養生活は疾患などにより身体の状態が変化します。これにより、食事や排泄、移動など、自分で出来ることの範囲が変わってきます。また、経済的な問題や社会的な問題が発生し、不安や疑問に思うことも多くなるものです。

木津屋橋武田病院では、こうしたご相談に対応する専門のソーシャルワーカーがおります。ここでは、入院前から退院、その後の生活について、ご本人さん、ご家族向けにご説明させて頂きます。直接、ご相談に対応することもできますので、お気軽に職員までお問い合わせください。

お気軽に療養のご相談を

長期の療養を必要とする高齢の患者さんを、医学的管理にもとづく看護・介護・リハビリテーションで支える病院です。介護保険対象のため、要介護認定が必要となります。

長期間の療養生活、日常生活のお世話をさせていただくなかで、医師・看護師・リハビリスタッフ・介護職員・管理栄養士・ケアマネージャーなど様々な職種が連携して、より良い療養生活となるようご支援します。

※介護療養病床(介護療養型医療施設)は2018年3月に廃止されますが、その後、3~6年の経過措置期間(新施設への段階的な移行措置期間)を経て、介護医療院などの療養施設へと転換されます。
武田病院グループでは、療養等が必要な高齢の患者さんに最適な療養環境を継ぎ目なくご提供させていただきます。

お気軽に療養のご相談を

医療では高齢者を専門領域とする「老年医学」という分野があります。高齢者の医療もまた専門性が必要となります。例えば、若い方向けのガイドラインで処方すると、薬の効果が過剰となり有害になるケースがあります。

病気に対する心身の抵抗力も低い傾向にあり、治療自体を「しんどい」と感じることも少なくありません。当院では患者さんの“気持ち”に配慮した、心の通う医療の提供を心掛けています。

看護部人材センター

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.