審美歯科

審美歯科治療例

美しさと自然な口元に

セラミックをはりつけたり、かぶせたりすることが審美歯科だと誤解されがちですが、それは手法であって審美歯科の本質とは異なります。仮に高価なセラミックをかぶせたとしても、はぐきに炎症があっては「審美的」とはいえません。審美歯科とは健康の上に基づくものと考えています。以下に、歯の審美性改善のために考えられる、手法の一例をご紹介いたします。

ホワイトニング

歯を漂白する方法で、当院では医院で一回で出来るオフィスホワイトニングと自宅で出来るホームホワイトニングがあります。
ホワイトニングは、歯を削ることなく歯の色調改善が出来ます。虫歯の治療を行っている歯では、漂白前にその再治療をする必要があるかもしれません。術前に必ず精密な検査と説明を受けてください。

自宅で出来るホームホワイトニングを行う場合は、先ず歯型をとり、それにあわせたホワイトニングトレーを作成します。トレー完成後、トレーに流し込んで歯に固定して漂白します。個人差がありますが、約2週間程度で効果がみられる場合もあります。

ホワイトニング

ページトップへ▲

セラミッククラウン

歯の外側から歯をかぶせる方法です。その中でもセラミックのみでつくられたかぶせ物(オールセラミック)は審美的に最も優れており、形・色を自由に調節することができるので、理想的な口元を演出することができます。

金属の差し歯による歯ぐきの黒ずみなどもこの治療法で治療することができます。

セラミッククラウン

かぶせものをセラミックに変えました。来院回数はかぶせだけなら一般的に2回程度、土台からやり直す場合は一般的に4回程度になります。(症例によって異なります)

ページトップへ▲

セラミックインレー

金属の代わりに白い材料を詰める方法です。一般的な材料はレジンという樹脂系の材料ですが、より審美性にこだわったセラミックを詰める方法がセラミックインレーです。

詰め物をする時はかみあわせが大切なポイントなので、歯と材料との境目をきれいに研磨することが重要になります。

セラミックインレーでは詰め物をした跡がほとんど分からなくなります。近年では人気の高い治療方法です。

セラミックインレー

ページトップへ▲


Copyright © takeda hopspital group. All Rights Reserved.
京都市の歯科・審美歯科・矯正歯科なら武田病院グループの歯科・口腔外科です