インプラント

インプラント治療の流れ

インプラント:無料初診相談

インプラント治療に関する心配や疑問をお聞きしながら、ドクターがあなたのお悩みをじっくりと伺い、お口の中を診査し、インプラント治療の大まかな説明、期間の見通し、費用などを丁寧に説明させていただきます。

インプラント:精密検査

インプラント治療は当然歯の無い部分に行われる治療です。
従ってまずその部分の骨の状態と口腔内を詳しく検査をします。

口腔内の模型、口腔内写真の撮影、CTレントゲン撮影などを行います。

インプラント:診断と治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。
精密検査により得られた診断結果に基づいて立てられた治療計画について説明をいたします。また、治療費用についても詳しくご説明をいたします。

ここでご紹介する治療法は「2回法」と呼ばれる方法です。また、1回の手術で必要な手順まで進める「1回法」や、数時間〜数日で人工の歯を装着する「即時負荷」といった治療法も開発されています。
いずれの治療法も全ての患者さんの、全ての治療箇所に適用できる方法ではないので、納得の出来る説明の得られる医師の下で治療を始められることをお勧めいたします。

一次手術

あごの骨にインプラントを埋め込みます。
なお手術時間は簡単なケースであれば30分程度で終了します。専門医による施術を行います。

治癒期間

一次手術後、3〜6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

二次手術

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1〜6週間おきます。

担当歯科医師による人工歯の装着

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。色や形などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

アフターケア〜インプラントの検診

インプラントを使用しても、食べることを繰り返すうちにかみ合わせが変化し、一箇所に力が集中して歯冠(歯の部分)が折れることなどもあります。

より長くインプラントを快適に使用していただくために、担当歯科医師が歯磨きや歯肉のケアについて定期的に指導します。 インプラントも天然の歯と同様アフターケアが行き届かない場合は寿命が短くなります。

ページトップへ▲


Copyright © takeda hopspital group. All Rights Reserved.
京都市の歯科・審美歯科・矯正歯科なら武田病院グループの歯科・口腔外科です