インプラント

インプラントとは

虫歯や事故など、様々な要因により、人は歯を失います。1本だけ失う場合もありますし、並んだ何本かを失う場合もあります。また上あごや、下あごの全部の歯がなくなってしまうこともあります。

この様な場合、「ブリッジ」や「差し歯」、「総入れ歯」を作ることが一般的な解決方法とされています。ただ、どれも「はずれる」「作り直す」「固いものが食べられない」といった問題があります。

このような悩みを抱える患者さんのために研究・開発されたのがインプラント(人工歯根)による治療法です。

インプラント治療は、歯が無くなった部分のあごの骨にインプラントを入れて、その上に人工の歯をしっかりと固定する治療法です。インプラントはチタンという金属で造られています。

チタンは長年の研究からインプラント材料として安全であり、またあごの骨と結合することが確認されています。インプラントとあごの骨がしっかりと結合することで、その上に丈夫で安定した歯を作ることができるのです。

 

お悩みチェック

 
  • まわりの歯と義歯の違いが目立ち、人前で口を開くことが出来ない
  • 金属製のブリッジや支えのバネに食べ物が挟まるため、好きな物を食べられない
  • 食事中や話している最中、またスポーツなどで体を動かしている時に義歯が外れそうになる
  • 言葉をうまく発音できず、人前に出たり話をすることが億劫になる
  • 食事のときに入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が入り込む
  • 噛む力を充分にかけることが出来ず、固い物が食べられない
  • 歯ぐきが覆われていて、食べ物がおいしく感じられない
  • 食事の後、入れ歯を外して洗ったりするために、外出や旅行が気軽に出来ない
  • 口臭がひどいのではないかと不安で、人に会うことが出来ない
 

ページトップへ▲

歯を失った際の治療法

従来の治療法
この形のブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。 奥歯を固定するために、金属の支えを使用する例。違和感があり、清掃も難しく、見映えも良くありません。 総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたり、ずれたりします。そのため、食べ物を噛むために充分な力をかけることができません。
インプラントによる治療法
インプラントでは、両隣の歯はそのままで、負担もかかりません。 インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えにして人工の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。 インプラントでは、義歯はあごの骨に固定され、力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。

ページトップへ▲


Copyright © takeda hopspital group. All Rights Reserved.
京都市の歯科・審美歯科・矯正歯科なら武田病院グループの歯科・口腔外科です