武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

  1. トップ
  2.   >  施設のご案内
  3.   >  健診施設一覧
  4.   >  健診システムリニューアルのお知らせ

平成28年4月 武田病院グループ健診部門の健診システムを全面リニューアル

武田病院グループ健診部門では、平成28年4月に健診システムをリニューアルし、受診者皆様に快適にご受診頂けるよう以下の様に変更いたします。

利便性の向上❇︎全施設

『受診者ナンバー(健診ID)統合による利便性の向上』

武田病院グループ健診部門において、健診を受診される際に付けられる受診者ナンバー(健診ID)は、各施設でバラバラに管理されていましたが、新システムより健診IDの統合を行います。(1受診者様=1健診ID制) 今までは武田病院グループ健診部門をご受診頂いても、施設が変わると過去の健診結果の参照や、健診報告書に併記できませんでしたが、新システムからは武田病院グループ健診部門内であれば、どの施設で受診されても過去の健診結果を他の健診施設でも見ることができるようになり、継続的に受診者様の健康管理を行います。

これまでのシステムのイラスト 新システムのイラスト

内視鏡検査(経鼻内視鏡)の増枠❇︎武田病院健診センター・山科武田ラクト健診センター

受診者様からの希望の多い経鼻内視鏡を山科武田ラクト健診センターにも新規設置しました。これにより武田病院健診センターと山科武田ラクト健診センターで経鼻内視鏡を実施可能となります。また、武田病院健診センターでは経口内視鏡の検査枠を増枠し、ご希望の健診をご受診できるように致します。

イラスト

いいところ 悪いところ
からの内視鏡
  • ・吐き気が少ない
  • ・検査中に会話ができる
  • ・苦痛が少ない
  • ・鼻腔が狭いとかえって痛くて苦痛
    (特に若い女性)
  • ・アレルギー性鼻炎(花粉症)や鼻ポリープの方は挿入ができないことがある(挿入成功率90%)
  • ・鼻出血が起きることがある
からの内視鏡
  • ・挿入成功率100%
  • ・画質が良く視野が広いため見落としが少ない
  • ・空気の注入や液体の吸引が早くレンズも曇りにくいため短時間で検査ができる
  • ・組織の検査(生検検査)の時にとれる検体量が多く、診断が正確
  • ・人によって吐き気が出る

待ち時間を短縮し効率的に❇︎武田病院健診センター・山科武田ラクト健診センター

健診受診時間の短縮のため、検査誘導システムを導入します。システムにより自動的に待ち時間の少ない検査に誘導することにより効率的に健診をご受診頂けます。

これまでのシステムのイラスト 新システムのイラスト

安全安心な健診の提供❇︎武田病院健診センター・山科武田ラクト健診センター

本人確認にリストバンド(バーコード)での個人認証を行います。磁気カードや受診表などと異なり、本人様と離れることが無いため、受診者間違いを防止でき、安全安心な健診を提供致します。
検査の都度、バーコードリーダーでリストバンドの読み取りを行います。ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い致します。

リストバンド(バーコード)の写真 リストバンド(バーコード)の写真

丁寧・分かりやすい❇︎全施設

人間ドック健診報告書に検査画像を取り入れ、「より分かりやすい」・「興味を引き見て頂ける」・「ご自身の健康状態を理解でき、健康増進に役立つ」内容にします。

これからも武田病院グループ健診部門では、受診者皆様との信頼関係のもと安全な健診の提供に取り組み、健康をサポートして参ります。ご利用をお待ちしております。

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.