武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

  1. トップ
  2.   >  施設のご案内
  3.   >  医療施設 ー タケダライフサイエンス・リサーチセンター

タケダライフサイエンス・リサーチセンター

生活習慣病の発症原因を栄養学や遺伝子情報から分析。予防医学と健康増進に役立つ情報を提供します。

「元気で長生き」「目的と希望をもって活力のある生活」をめざして、社会・予防医学的見地から、健康の保持・増進に役立つ、栄養、ストレス、免疫、遺伝子などに関する基礎的研究を行っています。中でも、栄養素の内、微量で生命維持に不可欠なビタミンやミネラルなど微量栄養素の生体に与える影響についての研究を行うとともに、これらを実証するための生体内の超微量栄養素の分析法の開発、遺伝子の解析、高脂血症、骨粗鬆症そして鉄沈着を主症状とする難病へモクロマトージスなど種々の疾病デル動物の開発なども行い、疾病予防に役立てています。

食生活を中心とした生活習慣の乱れからの健康障害が注目され、健康の保持・増進の重要性が再認識されています。身体に必要な栄養素が不足したり過剰になったり、バランスを崩すとさまざまな代謝異常をもたらし、自己免疫能の低下を招き、老化を早め、種々の疾患の原因となります。これら疾病の原因を究明することはもちろん、これら疾病予防、健康の保持のためには、日常生活における偏食、食の過不足にともなう栄養のアンバランスを改善することが極めて大切です。

他方、今、健康に関する溢れる情報とIT化の波のなかにあります。新たに、健康保持・増進のための正しい情報を提供し、医療・介護の現場にも役立つ、遠隔医療・健康栄養情報システムを総務省の後援をうけて立ち上げ中です。御期待ください。
『健康・栄養インフォメーション』(URL:http://health-info.jp)は、通信放送機構、ギガビットネットワーク利活用研究開発制度による研究課題(IPv6技術を用いた健康栄養学情報のメタデータ流通に関する研究開発)のもと、下記機関の協力により、人々の健康維持・増進に貢献することを目的に立ち上げられました。
本サイトは健康・栄養に関する3つのキーワード、1.食生活と栄養、2.休養と心の健康、3.身体活動と運動を中心に作成されたwebサイトです。
中でも、食事の栄養計算が画像入力型栄養計算プログラムで簡単に出来ることを大きな特色とし、献立画像を選択・登録することで、栄養の過不足がweb上で判定できます。

タケダライフサイエンス・リサーチセンター(疾病予防センター)、株式会社KDDI研究所、独立行政法人健康栄養研究所、独立行政法人通信総合研究所、京都大学メディアセンター、京都大学大学院農学研究科、沖縄県立看護大学、京都大学生活協同組合、HIN研究会

アクセス

〒604-8113 京都市中京区柳馬場通六角下る井筒屋町407番地
TEL:075-468-9735/FAX:075-231-2310

  • ●地下鉄四条駅/阪急電車烏丸駅 徒歩約8分

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.